(H24)フルマラソン検討委員会 H24年度活動方針

近年物の豊かさよりも心の豊かさを求める国民意識の高まりにより、観光の形態も参加体験型の観光が求められるようになってきています。また、健康志向の高まりから近年マラソンブームで、フルマラソンの大会は、抽選によらなければ参加が出来ないであるとか、エントリー開始から1週間程度で定員を満たしてしまうという活況振りです。フルマラソン参加者は、開催される地域に宿泊滞在します。

フルマラソンを開催する意義は、単に参加走者の自己満足に止まらず、参加走者やその家族など宿泊滞在する方々を迎え入れる側にも利益をもたらします。我々は、函館の豊富な観光資源を生かしたフルマラソン開催を地域の経済発展の起爆剤として考え、開催に向けての呼びかけができるよう活動していきます。

◆重点事業

1)函館ハーフマラソン大会実行委員会内に設置された「フルマラソン検討部会」に対し、提言などを通じて積極的に関与し、早期のフルマラソン大会実現に向けて尽力する

2)フルマラソン大会創設をアピールするランニングシャツ等を作成し、メンバーが函館ハーフマラソンをはじめとする大会に参加もしくは沿道応援する際に着用することで、広く市民・道民に創設活動の周知啓発を行う

3)経済波及効果を高めるためマラソン参加者が函館に滞在し観光を楽しんでいただくための関連イベントの実施の検討

4)道内他都市に比べ、集客力の劣る厳冬期のイベントのあり方についての検討

◆共同事業

1)「はこだてカルチャーナイト2012」への協力

2)青函交流事業

3)全国YEGサッカー大会への参加

4)各委員会との連携・協力

5)創立10周年記念事業


タイトルとURLをコピーしました